L&Bダイアリー

lbdiary.exblog.jp ブログトップ

ムーミンの故郷とコーヒー


a0165133_1326228.jpgスウェーデン、エストニアと続いた北欧の旅も、フィンランドで最後を迎えます。フィンランドと言えば…IKEA、Nokia(2014年に携帯部門はマイクロソフト社に売却)、教育制度、福祉国家などいろいろと挙げられます。高校生の頃授業で聞いた、『ゆりかごから墓場まで』という言葉が印象に残っています。そして、子どものころからおなじみのムーミンもまた、フィンランドが故郷です。

こうしてみると、フィンランドって日本にもなじみが深いような気がします。実際、今回訪れた3か国の中で、一番好きな街がヘルシンキでした。東京やニューヨークみたいにエネルギッシュでない、パリやロンドンのように古いものと新しいものがうまく融合されているとは言い難い、どこか懐かしくて、少し新しいモノが見られる…そんな街でした。

フィンランドは、コーヒー消費量は世界一ともいわれていますが、浅い焙煎のコーヒーはゆっくりと味わうというよりは、水のように飲むといったイメージがあります。そんなフィンランドでも、近年スペシャリティーコーヒーを扱うお店が増え、多くの世界チャンピオンを排出しています。

a0165133_13284698.jpgスペシャリティーコーヒーを扱うお店で、焙煎所も併設しているKAFFA ROASTERYは、今回訪れたコーヒーショップで一番のお気に入り。味はもちろんのこと、お店の雰囲気がイイ。スタッフはみな親切です。おススメ豆とその特徴を聞き、エアロプレスという器具で入れてもらったコーヒーはうまくコーヒーの特徴をつかんでいました。シナモンロールと一緒にいただいたそのお味は、「おいしい!」の一言です。旅先で、おいしいコーヒーと出会える幸せ。コーヒー豆を4袋買って帰り、旅の余韻に浸っています。
[PR]
# by lawandbusiness | 2017-08-28 13:22 | ako | Trackback | Comments(0)

タリンで過ごす夏

タリンという街の名前を聞いて、「エストニアの首都だ」と答えることができる人はあまり多くないと思います。私も今回訪れるまでは、エストニアはバルト三国の一つで、ロシア(旧ソ連)から独立した国、くらいの認識しかありませんでした。下調べをしながら、歴史地区(旧市街地)が世界遺産に登録されていたり、中世そのままの街並みだったり、これは気に入るハズ。

街歩きと言っても、旧市街地は広くなく、1日あれば十分楽しめます。のんびり街を歩きながらグルグルしていると、気がつけば1周している。道は石畳、といえば風情がありますが、結構歩きにくい。それでも、さすが観光地。レストランも多く、疲れたらカフェで一息つくこともできます。しかし、名物がなにかすら分からない私がとったお昼は、ピザ。オープンテラスで食事をいただきながら、道でやっているパフォーマンスを楽しみ、のんびりとタリンで過ごしていました。

この日は少し暑くて(それでも26~27℃くらい)、日差しも強かったので早めにホテルに戻りゆっくりしていました。元気になったらもう一度街歩き、と思っていましたが結局その力も出ず…あくせく歩くのは、この街には似合わないような気がします。

教科書で少しだけ見かけた小さな国ですが、思わぬ心地よい過ごし方ができたので、大満足。やはりヨーロッパの風景は落ち着きます。是非ともお勧めしたい街がまた一つできました。

a0165133_8581795.jpga0165133_8583196.jpg
[PR]
# by lawandbusiness | 2017-08-26 08:59 | ako | Trackback | Comments(0)

船から見る風景

ストックホルム(スウェーデン)で1泊した後は、タリン(エストニア)に向かいます。飛行機で1時間余りですが、今回は船旅としました。夕方ストックホルムを夕方出発し、タリンへ朝着く船中泊し約16時間かけて移動しました。


大型船にはベッドやトイレ・シャワーが備え付けられた部屋の他、レストランや免税店、夜は音楽やダンスといったエンターテイメントも楽しむことができます。もちろん、部屋でゆっくりすることもできるため、のんびりと移動したい方にはおススメです。


私は、船のデッキから見る風景が特に気に入りました。日の入り、夜の月明かり、そして日の出とそれぞれ見て、その風景に心が癒されます。


普段せわしなく生活をしているせいか、どこか落ち着けていないところが多いですが、こうして海の上で、船の中で時間を過ごすのも時には良いのでは?


船が揺れることもなく、ぐっすり眠れた後は、タリン観光と続きます。


a0165133_9191688.jpga0165133_9205543.jpg

a0165133_921475.jpg

左から、日の入り、夜景、日の出
[PR]
# by lawandbusiness | 2017-08-21 09:28 | ako | Trackback | Comments(0)

ノーベル賞晩餐会の場

夏季休暇を利用して、フィンランド、エストニア、スウェーデンに行ってきました。
日本の暑さは想像もできないほど心地よい気候。夏だけは、ココに住みたい…

最初に訪れたのは、スウェーデンの首都ストックホルム。
ここに来てまず訪れたいのは、やはりノーベル賞関連施設。
今回は、ノーベル賞晩餐会の会場となっている、ストックフォルム市庁舎に行ってきました。
a0165133_9395711.jpg

a0165133_9443710.jpg
市庁舎は、ツアーガイドを利用すれば誰でも中に入ることができます(もちろん仕事もされてますが)。
まずは、晩餐会会場の通称『青の間』。
中に入ると…どこにも青はありません。
周りは赤ばっかり。さながら、『赤の間』です。
当初、天井をなしにしようと思ったものの、冬の寒さは厳しいため断念。
では、せめて天井を青に塗ろうと思ったところ、赤レンガが美しかったのでこちらも断念。
最後に、『青の間』という名前だけが残ったのだとか。



他にも、晩餐会ダンス会場となる『黄金の間』や市議会の議場などを見学することができます。
45分のツアーは、あれこれ見ることができて楽しい!
ツアーは誰でも参加することができます。残念ながら日本語ツアーはないので、日本人は他言語のツアーに参加するしかありません。
湖水に面している庭園もゆっくりとすることができるのでおススメ。
a0165133_9555744.jpg
a0165133_956136.jpg
[PR]
# by lawandbusiness | 2017-08-19 10:01 | ako | Trackback | Comments(0)

じゃい子の夏休み ~向島~

天気の良い夏休み、向島までドライブに出かけてきました
向島は尾道から橋を一本渡ると行ける島
気になるお店がたくさんあって、ずっと行ってみたいと思っていました
最初に訪れたのが、「スリール」というパン屋さん
a0165133_16481655.jpg
立花海岸のヨットハーバーに面したかわいいパン屋さんです
1階には奥の厨房で焼き上がったパンがズラリと並び、2階は海を眺めながらパンをいただくことができます
パンもどれも美味しくて◎
だけど、ここでお腹をいっぱいにしてはいけません
だってまだこれからランチタイムだから
ランチはこのパン屋さんの近くにある「立花食堂」
a0165133_16480557.jpg
広くて緑あふれるお庭、青い空、そして目の前に広がる海、まるで異国のリゾートに来たかのようです
ランチメニューは日替わり定食や海鮮丼、ラーメンなど
どれも美味しそうで迷ってしまいます
最後に訪れたのは島の高台にある「ウシオチョコラトル」
a0165133_16480104.jpg
産地別のチョコレートが数種類並び、チョコレートのドリンクも楽しむことができます
いただいたのは「カカオソーダ」
ん??カカオとソーダ???
なんだか不思議な組み合わせな気がしましたが、スパイシーなジンジャーエール?のような感じ
だけどカカオの香りもしっかりと感じることができる飲み物でした
ここのお店からの眺めもとってもステキです☆

みなさま、夏にどこにお出かけしよう…
と悩んだら、是非「向島」に足を運んでみてください♪

[PR]
# by lawandbusiness | 2017-08-08 17:01 | じゃい子 | Trackback | Comments(0)
line

L&Bの日常をいろいろ紹介!


by lawandbusiness
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31