L&Bダイアリー

lbdiary.exblog.jp ブログトップ

<   2010年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

Oh! NIKKO④ すきならいっしょに

a0165133_15571511.jpg
日光にある縁結びのご神木
杉に楢のやどり木
「すぎ(き)ならいっしょに!」
すきならばといっしょになりました・・・なんだかご利益がありそうな縁結びの木です☆
[PR]
by lawandbusiness | 2010-08-26 16:01 | じゃい子 | Trackback | Comments(0)

Oh! NIKKO③ 名物

日光には歴史を感じさせる建物がたくさんありますが 美味しい名物もたくさんあります
まずはこちら・・・
a0165133_1720993.jpg
天然氷のカキ氷
フワッ フワッ フワッ と積み上げられた氷
普通のカキ氷とは ひと味も ふた味も違います
さらに 暑い中でいただくカキ氷は なお一層美味しさを引き立てます

つぎにこちら・・・
a0165133_17223043.jpg
ゆばうどん
こぶしほどの大きさの湯葉が なんと2つもはいっているのです!!
湯葉に うどんのつゆがしみ込み これまた絶品!!

日光は 体も 心も そしてお腹まで満足させてくれるスポットです
[PR]
by lawandbusiness | 2010-08-25 17:25 | じゃい子 | Trackback | Comments(0)

Oh! NIKKO② 三猿

日光東照宮で有名な「みざる いわざる きかざる」
神厩舎に施されたその彫刻は 猿の一生を描きながら人の生き方を伝えているという・・・
a0165133_16324036.jpg
母猿が小猿の将来に思いをはせる
母は子を信頼して 顔をのぞきこむ

a0165133_16343691.jpg
子供のうちは 悪いことを「見ざる・言わざる・聞かざる」がよい

a0165133_16351765.jpg
ひとり立ち前の猿
まだ座っているが飛躍を期す(じっくり腰を落ち着けて これからの人生を考える)

a0165133_1636679.jpg
青雲の志を抱いて天を仰ぐ(若いうちは可能性が多い 望みを大きく持って上を見る)

a0165133_16365959.jpg
人生の崖っぷちにおいても 励ましてくれる仲間がいる

そんな意味が込められていることも 日光に行ってはじめて知ることが出来た知識です
[PR]
by lawandbusiness | 2010-08-24 16:45 | じゃい子 | Trackback | Comments(0)

Oh! NIKKO① 世界遺産

徳川家康公を御祭神におまつりした神社~日光東照宮
a0165133_16421590.jpg
例え人が多くとも 例え雨が降っていようとも 日本各地・・・いや全世界から人々が訪れる そんな理由がわかります
広大な自然の中にゆるぎなく建つ社殿
その姿は 言葉になりません・・・
a0165133_16461374.jpg
陽明門(ようめいもん)
日本を代表する最も美しい門で、宮中正門の名をいただいたと伝えられている。施されたたくさんの彫刻にはそれぞれに意味がこめられているとか・・・

明治から昭和初期にかけて 欧州各国の外交官達に愛され 国際的社交場のリゾート地として賑わっていたという日光
そして今なお 欧米人に愛される日光
それは 日本人も一度は訪れるべきところであるのでしょうか・・・
[PR]
by lawandbusiness | 2010-08-23 16:55 | じゃい子 | Trackback | Comments(0)

たのしまね⑧ 最後に残ったもの

境港 ・・・夏のこの時期は”水イカ”が旬
妖怪マジックから解放され ようやくいただけた“海鮮丼”
a0165133_16265911.jpg
すでにお昼というよりも おやつの時間
空腹な上 新鮮な魚たちがふんだんにのった海鮮丼はおいしくないはずがありません!!

いつのまにかメインとなっていた“海鮮丼”をおいしくいただき 次へ向かうは大山
a0165133_1629462.jpg
海を眺めた同じ日に 山まで堪能できるなんて なんて素晴しいことでしょう
そのうえ 広大な景色を眺めながらのソフトクリーム
a0165133_16302647.jpg
この上ない贅沢

大山から“蒜山大山スカイライン”を通ると 蒜山まで辿り着ける
次に向かうは 蒜山高原
標識の矢印通りに 進んだはずでした
しかし“スカイライン”の景色はなく 山を下っている感じ
「おかしい」と気づいたときには 時すでに遅し
スカイラインとは全く逆の方向へ車は走り 気付けば帰りの高速インターチェンジが目の前に・・・
仕方なく ナビをセットし 蒜山高原へと向かう
もちろんすでにスカイラインを通ることはできませんでしたが・・・
しかも蒜山に到着した頃には夕方
お店もほとんどが閉店
カメラの充電もない
携帯電話の充電もない
極めつけは ガソリンもない・・・
最後に残ったのは 楽しかった思い出のみ

“たのしまね” 帰って気付いた ほぼ鳥取・・・
[PR]
by lawandbusiness | 2010-08-10 16:43 | じゃい子 | Trackback | Comments(0)

クイを残すことなかれ

キュッ キュッ キュッ
歩くと砂が音を立てる・・・
鳴き砂で有名な琴が浜
a0165133_1553168.jpg
太陽に熱せられた砂は コンクリートの上を裸足で歩くように熱い
熱いのに耐えられず走ると それを砂が笑うかのように音を立てる

夏といえば 海水浴
今年から恒例行事に登場したアイテム それは組立簡単な“ポップアップテント”
パラソルでは 日陰範囲が狭いうえ 時間によって日陰が移動する
しかしテントなら 常に日陰に守られる
組立は簡単 袋から出したとたん“ポンっ”と開く
そして砂浜の上に置く
そして“ペグ”という杭で 4スミを止める
・・・とここから問題発生
海風にあおられ 簡単組立テントは斜めに傾く
砂にさしたペグは 簡単にスルリと抜ける
すると日陰どころか 風が通らないうえ お日さまはサンサンと降り注ぐ
結局いつもどおり パラソルが大活躍
a0165133_15135126.jpg
なにはともあれ 海水浴 海にいるなら問題はない

日が陰ってくると 人々はみな ビニールシートをたたみ 家路を急ぐ
a0165133_15181462.jpg
海を堪能し 片付けを始める
しかしそこには曲者がいた
それがニューフェイスの“ポップアップテント”
一瞬で組み立てることのできたテントは 再び小さく畳むのに かなりの困難を要する
説明書を片手に 
「まず絵の●と●を合わせる」
「次に■と■を合わせる」
「って■ってどれ???」
「もう一回最初からやってみよう!!」
この作業を繰り返すこと約15分
ようやく元の丸い形に畳むことのできたテント
しかし今度はこのテントを留めていた“ペグ”がない
そう 鳴き砂の中に埋もれてしまったのです
今度はみんなで必死に砂堀り
最後の一本が掘れども 掘れども でてこない・・・
結局その一本は暑さに負け 断念
(帰ってみると その一本のペグ(杭) カバンから出てきました・・・)

ハプニングも 思い出のうち
夏を思う存分楽しめた海水浴でした
ドライバーさん お疲れ様&ありがとうございました!!
[PR]
by lawandbusiness | 2010-08-09 15:37 | じゃい子 | Trackback | Comments(0)

たのしまね⑦ 妖怪マジック

夕日もさることながら 海からのぼる朝日もまた格別に美しい・・・
a0165133_16302685.jpg
素敵な一日が訪れる予感です

ここまで来たら 境港で海鮮丼を食べなければ もったいない
しかし境港の食堂は11時頃からオープンのお店が多い
時間つぶし・・・そう思って足を運んだのが 「水木しげるロード」
とにかく外は暑い・・・
なかなか上らないテンションを引きつれて 辿り着いた妖怪ロード
しかしその光景が近づくにつれ テンションは徐々に上っていく・・・
a0165133_16332333.jpg
目玉の親父 ねずみ男 すなかけばばぁ 鬼太郎もいる!
そしてなんと 鬼太郎ハウスも!!
a0165133_16354691.jpg
中に入るとちゃんとちゃぶ台もある!!
まるでマンガの世界に入り込んだよう・・・
写真を撮ろうとしている子供なんてお構いなし位の勢いで楽しむ
楽しい!!
ここなら いくら暑くても ずっといたい・・・ そう思わせる・・・
きっとコレが妖怪マジック!!!
[PR]
by lawandbusiness | 2010-08-05 16:46 | じゃい子 | Trackback | Comments(0)

たのしまね⑥ のはずが・・・

たのしまねだと思いきや 大根島の橋を渡ると そこは鳥取県
ちょっぴり早めの夕食を 境港にある回転寿司“大漁丸”でいただく
a0165133_15382186.jpg
どの皿を選んでも126円
さすが境港にあるお寿司屋さん!!種類も豊富で どれを食べようか迷ってしまう・・・
こんなお店が広島にもあったら・・・と願わずにはいられません

お腹を十分に満たし 今晩のお宿 皆生温泉へ向かう
去年の7月にオープンしたての 皆生ホテル
部屋はオーシャンビュー
a0165133_15444157.jpg
サラサラの砂浜と沈む夕日
そして日が沈むと・・・
a0165133_15455335.jpg
浜辺で線香花火
遠くにはイカ釣り漁船の光が水平線を沿うように広がる
眠ってしまいのがもったいないほど・・・
[PR]
by lawandbusiness | 2010-08-04 15:51 | じゃい子 | Trackback | Comments(0)

たのしまね⑤ 大根島

大根島・・・それは松江市内からさらに車を鳥取へ向けて走らせたところにある小さな島
牡丹の栽培で有名な島に「由志園」という日本庭園がある
春は牡丹、夏は菖蒲、秋の紅葉、冬の椿
四季折々に彩られた美しい花々が日本庭園に調和している
壮大な美しさに心奪われ 刻の流れを忘れて立ちつくす悠然たるたたずまい・・・
a0165133_141293.jpg
牡丹の館には年中牡丹が咲き続ける
a0165133_14125538.jpg
雨を浴びた紫陽花はこれが最後とばかりに精一杯花びらを広げ誇らしげに咲いている
a0165133_14161461.jpg
広大なお庭をゆっくり歩くと穏やかな気持ちになってくる・・・

心は落ち着いているのに 足にカユさを感じる
腕を見ると 蚊がとまっている
怠惰な蚊は こちらが歩いているのに まったく動じず 血を吸い続ける
“パチン”仕留めてはみたが カユさは残る
日本庭園・・・草木の多いところには やぶ蚊も多いのでご用心
[PR]
by lawandbusiness | 2010-08-03 14:21 | じゃい子 | Trackback | Comments(0)

たのしまね④

松江市内にある『ピンクのポスト』
a0165133_14261374.jpg
このポストとともに記念撮影すると幸せなことがおこる・・・という幸せポスト
このポストは松江市内のカラコロ工房にあります
カラコロ工房・・・それは旧日本銀行がリニューアルして作られた工房
だから室内はまるで白い巨塔を思わせる・・・
a0165133_14293045.jpg
向こうから財前五郎が歩いてきそうです
工房から一歩外へ出ると そこは倉敷を思わせるような街並み
a0165133_14315953.jpg
大雨のため川はかなり増水 濁っていますが のんびり楽しむ川下りも良さそうです◎
[PR]
by lawandbusiness | 2010-08-02 14:33 | じゃい子 | Trackback | Comments(0)
line

L&Bの日常をいろいろ紹介!


by lawandbusiness
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31